モテる男の最強健康ブログ

腎臓 | 精力溢れるモテる最強の男になるための健康法。薄毛、ED、メタボ、アレルギー、肩こり、腰痛、うつ、男性更年期障害でもう悩まない。病院、薬に頼らない症状別対策と改善法公開。


テーマ:腎臓

腎機能低下と症状

※2021年2月追記

この記事で紹介している腎臓デトックスジュースも管理人が今でも続けている健康法です。

「レモン1個、ライム1個、リンゴ酢適量、そして蒸留水の水(なければ浄水器の水やナチュラルミネラルウォーター)500ml」

を朝一番のうがいと歯磨き後に、作って飲み干しています。

 

なお、2020年までは、ほぼ毎日継続していますが、それ以降現在は週に1~3回ほどのペースです。

その理由は単純で、朝忙しい時にはこれを作るための数分の時間と労力を手間に感じて、蒸留水の水だけ(または浄水器の水やナチュラルミネラルウォーター)で妥協してしまっているからです(^^;)

あと冬場は体が冷えやすい感じがするのでペースダウンしてしまいます。

そのため感覚的には腎臓デトックスのためというより、運動した翌日などにクエン酸回路(TCA回路)を回して疲労回復を促進させるため、という意識で飲んでいます。

 

ここで補足と言いますか、余談を書きますと、この腎臓デトックスジュースを毎日継続した人の中には、酸蝕歯(酸で歯が溶ける)になりかけた方がいるとも耳にします。

 

この腎臓デトックスジュースでなくてもコーラやクエン酸入りスポーツドリンクでも歯のエナメル質などを溶かしたり、悪影響を与えるという意見もあります。

(この辺の話についてはこちらの崎谷医師の記事の内容が興味深いです。⇒https://ameblo.jp/nomadodiet/entry-12108195432.html)

 

しかし、管理人自身の体験では、酸蝕歯になりかけたことはありません。

 

これはちょっとした証拠ですが、管理人はAmazonだけでもリンゴ酢は2016年以降51件の注文をしています。

 

 

しかも当初は1リットルサイズで、このアマゾン以外にも海外の有機リンゴ酢を何本も買って比較検証しています。

 

このリンゴ酢にレモンとライム各1個ずつですので、そこそこの量のクエン酸量になると思いますが、歯はまったく異常ありません。

 

実際、管理人は歯の定期健診と清掃を数か月置きにずっと受けてますが、担当の歯科医の女医さんも問題ないと言いますし、こういう飲み物ぐらいで酸蝕歯になったという患者さんは見たこともないと話していました。(ちなみに管理人はコーヒーやカレーが好きなので、それらによる色素沈着はあります^^;)

 

ただ、歯が弱いことを自覚されいる方、歯の治療を受けている方は、念のため担当医にも相談してみてください。

 

 

なお、これは推測ですが、昔は強アルカリ性の水溶性ケイ素を検証して試していたのと(この2年ほどは崎谷医師より水溶性ケイ素は危険との指摘を受けたため摂取していません)、あとはヒマラヤ岩塩による鼻うがいをしている時に、その塩水(塩化ナトリウムの水溶液は中性ですが、ヒマラヤ岩塩や天然の塩はマグネシウムやカリウムが含まれているので濃度が濃くなると若干アルカリ性を示す)が歯に触れていたのも影響しているかもしれません。

 

最後注意点ですが、これは他の記事でも何回か書いた気もするのですが、こういう自然療法や自然療法系のデトックスは、西洋処方薬を服用していてバランスが崩れていたり、東洋医術や漢方薬によって何らかの機能が促進されている状態の場合、本来の効果は得られません。

 

これは自然療法の先生も、

「西洋医療(アロパシー)を受けながらの自然療法は効果が出ない」

「症状を止めようとする西洋医療と症状を促進して治癒させようとする東洋医学では併用は難しい」

と何度も説いていました。

 

そのため、理想的には、西洋医学、東洋医学、自然療法すべてに精通した医師の診察を受け、ご自身が納得した方法を試していただくのが良いと思います。

 

ということで現在病気の方、治療を受けている方が本記事の内容を試される場合には、担当医に相談していただいた上でお願いします。

追記以上

 

 

 

 

 

腎臓の位置

今回は腎臓デトックスをテーマに記事を書きます。

 

具体的な腎臓デトックスのやり方や自然療法のジュースレシピもいくつか公開します。

 

(さらに…)

精力溢れるモテる最強の男になるための健康法。
薄毛、ED、メタボ、アレルギー、肩こり、腰痛、
うつ、男性更年期障害でもう悩まない。
病院、薬に頼らない症状別対策と改善法公開。

Copyright © モテる男の最強健康ブログ All Rights Reserved.