モテる男の最強健康ブログ

入浴法 | 精力溢れるモテる最強の男になるための健康法。薄毛、ED、メタボ、アレルギー、肩こり、腰痛、うつ、男性更年期障害でもう悩まない。病院、薬に頼らない症状別対策と改善法公開。

脱ステとデトックスでボロボロになった肌が再生!

以前管理人はアトピーで長年蓄積されたステロイド、西洋処方薬、食品添加物を一気に抜くため、脱ステロイドし、各臓器のデトックスをしていました。

 

その時の管理人は肌を含め、全身から毒素が噴出し、毎日大量の肌が剥がれ落ちました。

 

その時の肌はゾンビのようにボロボロになりました。

 

 

 

(さらに…)


テーマ:温冷浴

温冷浴の4つの注意点

※2020年6月追記

繰り返し同じことを書いていますが、温冷浴は当ブログ認定の最強健康法の1つです。

管理人自身最初は半信半疑、そして冷たい水も大の苦手という状態でしたので、温冷浴については知ってはいてもなかなか最初の1歩を踏み出すことができずにいました。

この温冷浴は老若男女全員に効果がありリスクもないという数少ない健康法です。

人間はお金がかからないものの価値を低く感じてしまうことがありますが、温冷浴は死ぬまで続けることができ、しっかりとしたリターンもある健康法です。

無理にない範囲で少しづつで良いので是非今日から試してみてください。

この時期は温かいので始めるのにも最適ですよ^^(追記以上)

 

 

 

温冷浴をテーマに第1回目の記事

温冷浴健康法の正しいやり方と効果)』

では、

温冷浴の目的と健康効果

西式温冷浴療法の4つのやり方

仙人式最強温冷水シャワーのやり方

格闘家もしているハードコア温冷浴法

についてお伝えしました。

 

第2回目の記事

『アトピーにも効果のある温冷浴のやり方)』

では、

アトピーや乾癬でも温冷浴はやって良いのか?

原因不明の皮膚病を完治させた温冷浴

管理人が実際にしている温冷浴のやり方

について書きました。

 

そして、最後となる今回は、

『温冷浴は危険なのか?温冷浴の注意点』

と題しまして、そのまま

温冷浴の注意点

温冷浴よくある質問と回答

について記事を書き進めさせていただきます。

 

(さらに…)


テーマ:温冷浴

 アトピーや乾癬でも温冷浴はやって良いのか?

※2020年6月追記

前回の記事でも追記しましたが、この温冷浴(温冷シャワー)の健康法は今でもずっと継続しており、このまま死ぬまで生涯続ける予定の健康法です。

かつて管理人の肌は長期のステロイド軟こうの使用によりかなり薄くなってしまい、少しかくだけでも皮膚が破れて浸出液やリンパ液がにじんでくるような状態でした。

それが今では汗疹などができ痒い時に激しくかいたとしても大丈夫なぐらいの丈夫な肌になりました。

それはこの温冷浴による効果も大きかったと感じています。

ということで、この記事では管理人がアトピーの脱ステのリバウンドが酷かった時にしていた少し特別な温冷浴の方法を紹介していますが、もちろん健康な方がそれをしても良いです。

なお記事内でも一部加筆修正の追記を書いてますので、既に読んだことのある方も再度読んでいただけるとありがたいです。(追記以上)

 

 

 

前回の記事

温冷浴健康法の正しいやり方と効果

では、

温冷浴の目的と健康効果

西式温冷浴療法の4つのやり方

仙人式最強温冷水シャワーのやり方

格闘家もしているハードコア温冷浴法

についてお伝えしました。

 

 

 

今回は、『アトピーにも効果のある温冷浴のやり方」と題しまして、

 

アトピーや乾癬でも温冷浴はやって良いのか?

 

原因不明の皮膚病を完治させた温冷浴

 

管理人が実際にしている温冷浴のやり方

 

について書いていきます。

 

(さらに…)


テーマ:温冷浴

温冷浴の目的と健康効果

※2020年5月追記

この温冷浴(温冷シャワー)の健康法は今でもずっと継続しており、このまま死ぬまで生涯続ける予定の健康法です。

その理由は以下の5つです。

1.コストは一切かからず(お湯を用意する電気代、ガス代のみ)、

2.場所を選ばず(お湯を用意できるなら自宅であろうがアマゾンの奥地であろうがどこでもできます)、

3.人を選ばず(重い病で床に臥せている人でも水の温度と当てる場所を調節すればできます)、

4.誰にでも良い効果があり(血流を促進するので健康な人ならさらに健康に、病を患っている人なら治癒が促進されます。)

5.悪化リスク0ゼロ(リスクやデメリットのない健康法はなかなかないものです。温冷浴ならいきなり無茶な温度でやらず徐々に体を慣らしていくことだけ気を付ければOKです。)、

以上、5つのメリットを考えたらやらない理由がないぐらいです。

さらにアトピー脱ステに取り組む方にもお勧めです。ステロイドで薄くなり、掻き壊しで破れやすい皮膚がだんだんと丈夫になっていくことを管理人自身実感しています。

また痒い所に温冷シャワーをすると痒みが和らぎます。

ということでデメリットなくやらない理由のない温冷浴(温冷シャワー)ですが、挫折する可能性もあります。

その理由の多くはいきなり冷たい水で始めて嫌になってしまうことです。

トレーニングにしろ勉強にしろいきなり新たなことを頑張りすぎると挫折リスクが上がります。

そのため春や夏の温かい時期に気持ちの良い温度の水から始めて1年以上かけてゆっくりと体を慣らしていくようにすることをお勧めします。(追記以上)

 

 

 

温冷浴という健康法をご存知ですか?

 

温冷浴はお金もかからず、誰でも自宅ですぐにできるのに非常に体に良く、効果の高い健康法です。

 

しかし、温冷浴の正しいやり方については、いくつか異なるやり方があるため、

 

「温冷浴ってどれが正しいうやり方なの?」

 

(さらに…)

精力溢れるモテる最強の男になるための健康法。
薄毛、ED、メタボ、アレルギー、肩こり、腰痛、
うつ、男性更年期障害でもう悩まない。
病院、薬に頼らない症状別対策と改善法公開。

Copyright © モテる男の最強健康ブログ All Rights Reserved.