モテる男の最強健康ブログ

特定の病気・症状・改善 | 精力溢れるモテる最強の男になるための健康法。薄毛、ED、メタボ、アレルギー、肩こり、腰痛、うつ、男性更年期障害でもう悩まない。病院、薬に頼らない症状別対策と改善法公開。


テーマ:花粉症
花粉症対策決定版

花粉症の本当の原因

今回は花粉症を治し、どんなに花粉がすごくても花粉症にならない方法をお伝えします。

 

この方法を実践すれば花粉症にならないだけでなく、風邪や他の病気にも感染しにくくなります

 

 

 

花粉症については以前既に2回にわたって記事にしており、そこでは鼻うがいをすることをお勧めしました。

 

その記事はこちらです。

一生花粉症に悩まない体質に改善する方法

 

花粉症にならない正しい鼻うがいのやり方

 

 

 

この鼻うがいは岩塩(自然海塩)、浄水器の水、ペットボトルがあればすぐにできますし、その効果も非常に高いです。

 

「えー、本当にそんなんで花粉症が良くなるんですか?」

 

と疑い、こんなん眉唾ものの迷信だと思う方もいらっしゃると思います。

 

 

 

ただ、これならお金もかからないし副作用もないから試してみようと実際に試した方達からは

 

「毎年花粉症がひどかったのに今年は大丈夫でした!」

 

と驚きと喜びの声をいただいております。

 

その中には病院で注射をうっても効果を感じず、強いアレルギー止めの薬を飲んでも眠いだけという重度の花粉症の方もいらっしゃいました。

 

 

 

それでは、なぜまた花粉症の記事を書くのかについてですが、

 

「鼻うがいをずっと継続しているのですが花粉症の症状がでます。やっぱり花粉の量が多く強力になってるからでしょうか?」

 

という花粉症に深刻に悩む何人もの方から相談メールをいただいたからです。

 

 

 

管理人はその方々の症状、生活習慣を詳しく聞きました。

 

すると、ある2つのことが原因で花粉症になっていることが分かりました。

 

 

 

さらにその改善方法を伝えしばらく実践してもらった所、

 

「花粉症の症状が出なくなりました!もうマスクもなくても大丈夫です!」

 

という喜びの声をいただきました。

 

 

 

ということで、この記事では

 

花粉症についての大きな誤解

 

花粉症になるある2つの原因とその対処法

 

をお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

花粉症についての大きな誤解

「今年の花粉は凶暴です!」

 

「今年の花粉は昨年の~倍!猛威をふるってます!」

 

なんてニュースや記事がありますが本当でしょうか?

 

 

 

モルボル

 

もしFFのモルボルの花粉がリアルにあればそれもありえると思います。

 

ただ遺伝子組み換えもせず、いきなり花粉が凶暴になることはありません

 

それに、花粉の量自体が増えたとしても花粉症になるとは限りません

 

 

 

 

実は、管理人の住んでいる所の目の前には大きな杉の木が生えており、アレルギー検査結果を見る限り立派な杉の木アレルギーです。

 

アレルギー関連検査成績報告書

 

実際、健康法を実践する前は毎年酷いスギ花粉の花粉症に悩まされていました。

 

 

 

そしてニュースを見ては、

 

「花粉が凶暴になってるんじゃ仕方ないや」

 

と思考停止状態でそれを信じていたのです。

 

 

 

しかし、今年の花粉が凶暴、花粉の量が増えたというニュースは実はマスコミの情報操作、刷り込みによる洗脳みたいなものです。

 

花粉症になる本当の原因は別にあるのです。

 

 

 

その証拠にこの数年はあれほど悩まされていた花粉症の症状は全くでていません

 

次章では花粉症の症状を招く2つの本当の原因とその対処法について書いていきます。

 

 

 

 

 

花粉症になる2つの原因とその対処法

花粉症になる本当の原因は、

 

免疫力の低下

 

 

粘膜の弱体化

 

です。

 

 

 

 

 

花粉症の原因は免疫力の低下

まず免疫力の低下についてですが、免疫力が低下すると花粉症だけでなく、風邪などあらゆる病気に感染しやすくなります。

 

また同じ環境において花粉症を発症する人、しない人を分けるのはまさにこの免疫力の強さなのです。

 

 

 

そして免疫力が低下する原因は、寝不足、食生活の乱れ、ストレスなど不摂生な生活習慣ですが、一番は腸の汚れなのです。

 

以前別の記事で書きましたが、腸の汚れは万病の元です。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

アトピーもニキビも8割の病気は腸内洗浄で治る

 

 

 

実際、冒頭で書きました鼻うがいをしても花粉症がそんなに改善しなかった方は便秘体質の方でした。

 

この便秘を改善する方法は一般的には乳酸菌などのプロバイオティクスの摂取、食物繊維の摂取と言われてますが、それよりも確実かつ即効性のある便秘解消法があります。

 

それはコーヒーエネマによる腸内洗浄です。

 

コーヒーエネマによる腸内洗浄の詳しいやり方はこちらの記事をご参照ください。

腸内洗浄を自宅で1人で正しくやる方法

 

 

 

このコーヒーエネマによる腸内洗浄を続けていれば腸はどんどんキレイなピンク色になり低下した免疫力も回復してきます。

 

 

 

ただ、もっと手っ取り早く免疫力を上げたい、今すぐ免疫力を上げたい、という方もいます。

 

その場合には、免疫力を強化するハーブがお勧めです。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

免疫力を高める世界3大ハーブとそのサプリ

 

免疫アップで風邪もはね返す最強ハーブ「エキナセア」

 

 

 

「いや、記事は後で読むんで先に花粉症に一番お勧めのハーブだけ教えてください。」

 

という方のために管理人が一番効果を実感できており、常にストックしているハーブをここで再度ご紹介します。

 

それはエキナセアです。

 

 

 

よく花粉症にはエキナセアのハーブティーという記事を見かけますが、それが効果があるのは免疫力を高めるからだったのです。

 

ただエキナセアのハーブティーでは免疫力を上げる効果はそこまで望めません

 

アメリカの自然療法の権威アンドルー・ワイル博士も言っておりますが、エキナセアは摂取した後舌が痺れるぐらいの質と量で初めて効果があります。

 

それにエキナセアは花や葉にはそこまで効力はありません。

 

根と種に有効成分が含まれているからです。

 

 

 

ということで管理人が自分自身効果を体感し、今現在ストックしているエキナセアサプリをご紹介します。

 

こちらです。

 

エキナセアチンキ剤

 

iHerbなら60ml(約45回分)2,315円です。

 

 

詳細確認購入はこちら

 

 

※iHerbのアカウント登録の仕方についてはこちらをご覧ください。

iHerb登録の仕方(海外サプリならここがベスト!)

 

 

 

 

 

花粉症の原因は弱った粘膜

花粉症の真の原因の一つである免疫力を強化したら後は粘膜を強化するだけです。

 

以前の記事でご紹介した鼻うがいは鼻の粘膜を物理的に鍛える方法と言えます。

 

 

 

ただ粘膜は皮膚と同じで、必要な栄養素を摂取していないとどんどん弱く衰えていきます。

 

これは正常分子栄養学の森山晃嗣氏がよく言っていることですが、特にある栄養素が不足すると粘膜はてきめんに弱くなります。

 

 

 

「チョコラBBに含まれるビタミンB6、B2ですか?」

 

はい、よくご存知ですね。

 

確かにビタミンB6、B2も粘膜の健康には欠かせません。

 

 

 

ただそれよりも粘膜に影響を与えるのがビタミンAの不足です。

 

実際、鼻うがいをし、便秘もしていないのに花粉症が治まらなかった方は不規則な食生活をしていました。

 

男の一人暮らしで普段は仕事が忙しく、食事はコンビニ、牛丼チェーン、ラーメン、ファミレスがメインでした。

 

 

 

「それではビタミンAのサプリを飲むのでお勧めを教えてください。」

 

サプリでお手軽に摂取したい気持ちは分かりますが、ビタミンAは脂溶性ビタミンで肝臓に蓄積し、過剰摂取のリスクが高いビタミンです。

 

一般的に、ビタミンAは、鶏レバー、豚レバー、卵黄、チーズ、バターなどの食品に多く含まれています。

 

ただ鶏レバー、豚レバーだと過剰摂取になりやすいので注意が必要です。

 

 

 

そのため管理人が一番お勧めしますのは、にんじんです。

 

にんじんなら1本で1日に必要なビタミンAの必要量をクリアできます。

 

それににんじんに含まれるベータカロテンは体内で常に必要な量のビタミンAに変換されるプロビタミンAと呼ばれ、どれだけ大量に摂取しても過剰摂取の心配はなく、またビタミンAが不足することもないのでかなりありがたいです。

 

 

 

「にんじんならパックの野菜ジュース買って飲んでいるから大丈夫です。」

 

いやいや、ちょっと待ってください。

 

市販の野菜ジュースにはデメリットが多いですので管理人はオーガニックの良質な生のにんじんを自分でジュースにして飲むことをお勧めします。

 

 

 

この市販の野菜ジュースのデメリットと自作の野菜ジュースについてはこちらの記事をご覧ください。

市販の野菜ジュースで栄養や食物繊維はとれるのか

 

40代に足りない栄養は自作野菜ジュースで摂取

 

筋トレダイエット食事メニュー 良質な筋肉つける健康野菜ジュースレシピ

 

 

 

 

 

以上、花粉症の誤解、真の原因とその対処法についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

 

途中参考記事リンクが増え、少し分かりづらくなってしまいましたので、もう一度ここでまとめますね。

 

 

 

まず、花粉症は花粉が凶暴化しているために発症するのではないです。

 

花粉症を発症する真の原因は、免疫力の低下と粘膜の弱体化の2つです。

 

そしてそのそれぞれの対処法は、以下のようになります。

 

 

 

免疫力を回復させ強化する

・コーヒーエネマによる腸内洗浄で便秘を解消し腸をキレイにする

 

・エキナセアのハーブサプリを摂取する

 

 

粘膜を強化する

・鼻うがいにより鼻粘膜を物理的に鍛える

 

・1日1本のにんじんを摂取することで粘膜に必要なビタミンAを過剰摂取のリスクなく体内にキープする

 

 

 

以上の4つのことを実践すれば花粉症のつらい症状とおさらばできるだけでなく風邪や他の病気にも移りにくくなります。

 

それではこの記事を読んでくださったあなたが花粉症とは無縁の健康を手にいれていただけることを心より願っております。

 

今回も最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 


テーマ:免疫力アップ
免疫力を高める世界3大ハーブとそのサプリ

 免疫の強さを決めるのは腸内細菌

 

あなたの免疫は強いですか?

 

といきなり聞かれても、

 

「免疫の強さってどうやって分かるんですか?」

 

という声が返ってきそうですので先に伝えます。

 

 

 

免疫の強さ

 

病気のかかり辛さ ⇒ 常在菌の強さ=ウイルス・細菌への耐性

 

病気の治りの早さ ⇒ 白血球の強さ

 

の2つで測ることができます。

 

 

 

つまり風邪やインフルエンザの流行の時期でも

 

人から移されることのない人

 

多少の風邪や不調なら1日寝てれば治ってしまう人

 

は免疫が強いと判断できます。

 

 

 

そして免疫の強さを決定付けるのは腸内細菌です。

 

なぜなら免疫細胞は腸内で生み出されるからです。

 

つまり免疫強化=腸内細菌の強化と言えます。

 

 

 

 

 

腸内細菌の強さを決める要因

それでは腸内細菌はどのように強化したら良いのでしょうか?

 

このことについてお話する前にそもそも腸内細菌の強さはどのように決まるかをお伝えします。

 

 

 

腸内細菌が集まったものを腸内細菌叢(フローラ)と呼びますが、これは指紋のように一人ひとり異なります。

 

腸内細菌の権威の藤田紘一郎医師も

 

「腸内細菌叢(フローラ)生まれた時に決まっておりその構成や特徴が変わることはない」

 

と言っております。

 

 

 

そしてこの腸内細菌叢の強さ

 

1.生まれて来る時に母親の産道に存在する常在菌のシャワーを浴びた量

 

2.母親の母乳を飲んだ期間

 

この2つの要素によってほぼ決定付けられてしまうのです。

 

 

 

「えっ、それじゃ自分ではどうしようもないのでは?」

 

はい、分かります。

 

帝王切開、粉ミルク育ちという免疫ポテンシャル最弱の管理人もそう思いました。

 

そこで、次からは免疫強化について2つの重要なことをお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

免疫を強化する方法

腸の健康を取り戻すことが最優先

 

まず便秘や暴飲暴食、添加物や保存料だらけの食事では免疫力は何をしても上がりません

 

免疫力を強化する前に、本来の免疫力を取り戻す必要があるのです。

 

とりわけ便秘・宿便は大敵です。

 

体の免疫力が腸にこべりついた宿便の毒素を中和するのに使われてしまうからです。

 

 

 

なお、便秘を解消し腸を最短でデトックスする方法についてはこちらの記事をご覧ください。

 

アトピーもニキビも8割の病気は腸内洗浄で治る

 

 

 

 

 

免疫の強化にはプロバイオティクスよりもハーブサプリ

 

最初に、免疫を強化するには腸内細菌を強化すれば良いと書きました。

 

すると

 

「乳酸菌などのプロバイオティクスを摂取したらいいんじゃないですか?」

 

という意見も出てくると思います。

 

 

 

確かに自分の腸内細菌叢(フローラ)に合ったプロバイオティクスの摂取も腸内細菌に良いでしょう。

 

ただそれでは不十分です。

 

 

 

プロバイオティクスは既存の腸内細菌叢のエサとはなりますが、新たに腸内細菌の一員となることはほとんどないからです

 

つまりプロバイオティクスの摂取は免疫を強化というよりも、腸の健康を取り戻す役割を果たします。

 

そのため元の腸内細菌叢が強い方はそれだけでも良いかもしれませんが、管理人のように元がそんなに強くない場合にはそれだけでは足りないのです。

 

 

 

それでは管理人のように元の腸内細菌が強くない場合はどうしたら良いのでしょうか。

 

管理人が試し効果を感じたのがハーブサプリです。

 

ハーブには身体に侵入してきたウイルス、バクテリアなどの病原菌を抹殺し、免疫細胞である白血球を活性化させてくれるものがあるのです。

 

そして数多くあるハーブの中でも免疫力を高めることに特に優れているハーブが3つあります。

 

それをこれからご紹介します。

 

 

 

 

 

免疫を強化するハーブとそのサプリ

 

免疫を強化するハーブサプリ

 

 

 

ハーブ界最強の王者エキナセア

エキナセア

 

エキナセアはもともとはアメリカのネイティブインディアンが毒蛇に噛まれた時に使っていたハーブです。

 

1800年後半に世に広まって以降、ハーブ界の王者として最強の座を不動のものとしております。

 

奇跡のハーブの名は伊達ではありません。

 

 

 

実際管理人も風邪をひきそうな緊急時にエキナセアを飲み、風邪の発症を何度も防いでおります。

 

 

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

 

免疫アップで風邪もはね返す最強ハーブ「エキナセア」

 

 

 

エキナセアはそういった緊急時はもちろん、普段から摂取することで免疫力を高く維持することができます。

 

どんな薬よりもパワフルで副作用もないのですが、免疫力アップを目的とする場合、

 

1週間飲んで1週間休む

 

などオンとオフの期間を設定するようにしてください。

 

 

 

なお、管理人お勧めのエキナセアハーブサプリはこちらです。

 

エキナセアチンキ剤

 

 

iHerbなら60ml(約45回分)2,393円です。

 

 

詳細確認購入はこちら

 

 

※iHerbのアカウント登録の仕方についてはこちらをご覧ください。

iHerb登録の仕方(海外サプリならここがベスト!)

 

 

 

 

 

ブラジルアマゾンが生んだナチュラルな抗生物質パウダルコ

パウダルコ

 

パウダルコはブラジルのアマゾンに生える木で、ハーブはその樹皮の内側を削ってつくります。

 

バクテリア、ウイルスを抹殺するナチュラルな抗生物質で、血液をキレイにしてくれます。

 

関節炎など身体に痛みがある時に飲むのも効果的です。

 

 

 

自然療法の世界では以下の症状に効くとされています。

 

貧血、喘息、水虫、膀胱炎、前立腺炎、各種感染症、

関節炎、リウマチ、動脈硬化、気管支炎、カンジダ、大腸炎、

アレルギー、しっしん、乾癬、皮膚病、イボ、むくみ、傷、

胃炎、胃潰瘍、静脈瘤、淋病、ホジキンリンパ腫、糖尿病、

肝臓病、白血病、全身性エリトマトーデス、多発性硬化症、

骨髄炎、パーキンソン病、エイズ、毒蛇の毒…etc

 

もう多過ぎて書ききれないぐらいです。

 

 

 

パウダルコは免疫を高め身体を癒してくれるハーブで副作用もありません

 

 

 

なお、管理人お勧めのパウダルコハーブサプリはこちらです。

 

パウダルコハーブ

 

「原液を1~2滴水虫に垂らすと効果覿面!」

 

と2人の方が絶賛レビューしてますので、水虫の方は試してみる価値あるかもです。

 

 

 

iHerbなら60ml(約37回分)1,027円です。

 

 

詳細確認購入はこちら

 

 

※iHerbのアカウント登録の仕方についてはこちらをご覧ください。

iHerb登録の仕方(海外サプリならここがベスト!)

 

 

 

 

 

性欲増進のおまけ付きスマ

スマ

 

スマはアマゾン原住民の間で300年以上使われてきたハーブです。

 

1975年以上ブラジルで研究され世に広まりました。

 

風邪やインフルエンザの予防だけでなく、ガン、糖尿病、通風、傷の治癒促進にも効くと言われています。

 

 

 

またブラジル版の朝鮮人参とも言われ、慢性疲労を癒し身体が元気になるだけでなく、アチラの方も元気になると評判のハーブです。

 

海外ですと性欲増進のために摂取している方もたくさんいます。

 

 

 

 

管理人お勧めのスマハーブサプリはこちらです。

 

スマサプリ

 

iHerbなら30ml(約15回分)1,047円です。

 

 

詳細確認購入はこちら

 

 

※iHerbのアカウント登録の仕方についてはこちらをご覧ください。

iHerb登録の仕方(海外サプリならここがベスト!)

 

 

 

なおこれは管理が粉末サプリもチンキ剤も試した上での感想ですが、スマは何となく身体が楽になる感じはしました。

 

しかし、性欲増進の効果はレビューで言われているほどハッキリとは感じられませんでした。

 

性欲増進効果については相性問題があると思います。

 

 

 

もし性欲アップにご興味のある方は以下の記事もご覧ください。

 

精力増強、性欲アップの強力媚薬ジュース

 

10代の性欲に戻れる植物があります

 

男性ホルモン増やし方!性欲アップ、SEXの快感アップ

 

 

 

さて、今回免疫力アップをテーマに、効果のあるハーブ3つをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

 

免疫力を高める食べ物やサプリは他にもありますので、今後また記事にアップしていきます。

 

なお、今回ご紹介した3つのハーブサプリのうちどれから試そうと迷われたのなら、管理人はエキナセアをお勧めします。

 

 

 

管理人自身、今回ご紹介したエキナセアハーブのチンキ剤を常備し、

 

トレーニングのしすぎやオーバーワークで体力が落ちている時

 

身体に違和感を感じた時、

 

人ごみや風邪の人と一緒にいた時、

 

に摂取するようにしております。

 

 

 

おかげさまでインフルエンザも移らず、風邪も発症前に治っております。

 

皆様の免疫が強くなり病気とは無縁の健康体を手に入れられることを心より願っております。

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

追伸

もし最新の健康法を総合的に学びたい方はこちらの音声講座がお勧めです。

 

X-POWER四次元肉体進化プログラム音声講座

 

最初の1ヶ月の4回分を無料で視聴の上、継続して学ぶかどうかを決められます。

 

 

 


テーマ:風邪
免疫アップで風邪もはね返す最強ハーブ「エキナセア」

毒ヘビの毒も消す奇跡の免疫力UPハーブ「エキナセア」

免疫力の強さを決める3つの要因とは

 

あなたは風邪をひきやすいですか?

 

以前の管理人はすぐに風邪をひき、なかなか治らなかったです。

 

そうです、管理人の免疫がショボすぎたのです。

 

 

 

管理人は免疫力をアップさせる方法を調べました。

 

まず免疫力の強さは以下の3つによって決まります。

 

(さらに…)


テーマ:AGA(男性脱毛症) ・薄毛
シャンプーをやめると髪が増える

髪に悩む人は必読!『シャンプーをやめると髪が増える』

頭の洗い過ぎが薄毛の原因になることをご存知ですか?

 

特にシャンプーは皮脂を取り過ぎてしまい薄毛・抜け毛の原因になるのです。

 

「えっ、頭皮の皮脂こそが薄毛の原因なんじゃないですか?!」

 

(さらに…)


テーマ:痔ホメオパシー
痔にホメオパシーがこんなに効くなんて

痔にホメオパシー?正直なめてました、、、

いきなりですが謝ります。

 

すみません、ホメオパシーをなめてました。

 

管理人は痔のホメオパシークリームに救われたのです。

 

ダメ元で海外で売れておりレビュー評価の高い痔用の軟膏クリームを買ったのですが、まさかここまで効くとは予想外でした。

 

 

 

あまり前置きが長いと売り込みの宣伝サイトみたいで怪しくなりますので、まずは証拠画像をアップします。

 

管理人の肛門のアップ画像が出てきますので食事中の方や痔に興味のない方はここから先は見ないようお願いします。

 

※続きを読むをクリックすると外痔核完治証拠画像が出てきます。

 

 

 

 

(さらに…)

精力溢れるモテる最強の男になるための健康法。
薄毛、ED、メタボ、アレルギー、肩こり、腰痛、
うつ、男性更年期障害でもう悩まない。
病院、薬に頼らない症状別対策と改善法公開。

Copyright © モテる男の最強健康ブログ All Rights Reserved.