モテる男の最強健康ブログ

免疫力アップ | 精力溢れるモテる最強の男になるための健康法。薄毛、ED、メタボ、アレルギー、肩こり、腰痛、うつ、男性更年期障害でもう悩まない。病院、薬に頼らない症状別対策と改善法公開。


テーマ:免疫力アップ

 免疫の強さを決めるのは腸内細菌

※2021年4月追記

どこかで書いたかもしれませんが、管理人が洗脳のような西洋医療依存から抜け出すきっかけになったエピソードがあります。

かつて管理人は不摂生の塊で毎月のように風邪を引き、病院の常連になっていました。

昔から飲む風邪薬はたいして効く感じはなかったのでいつも点滴をうってもらっていました。

担当医師は

「風邪はいくらでも治してやる!」

と明るく豪語されていました。

そこで管理人は担当医師に

「そもそも風邪を引かないように免疫力を上げるのはどうしたら良いのでしょうか?」

と聞きました。

するとその答えは、

「それは分からん!」

でした。

管理人はこの時の担当医師との会話から自分が今まで当たり前のようにずっと受けてきており、完全に依存状態だった現代西洋医療に疑問を持つようになりました。

管理人が学んだ自然療法士は、

「医者は病気の専門家で健康の専門家ではない」

とよく話していましたが、現代の西洋医療における医師は外科などの手術を除き、

「診断して病名をつけることと薬を処方すること」

が仕事になっているような気がします。

それはもしかしたら医大のカリキュラムがそうなっているのかもしれません。

そのため今回のテーマのように免疫力を上げるなど、病気の予防や体を強くすることについては明確な回答ができない医師がいらっしゃるのだと思います。

なお、当ブログの目的は現代西洋医療を否定することではないです。

過度の医療依存、過度の医療介入は問題だとは思っています。

また儲けを出さないと存続できない医療システムにも疑問はあります。

日本の国民皆保険制度や整った医療制度は大変ありがたく素晴らしいと思いますが、もう少し予防医療を評価し、点数稼ぎに陥りにくい西洋諸国の医療報酬制度を参考にするなど改善の余地はあると素人ながら思います。

管理人自身かつては3割負担で月額2万円を超える病院代と、それに加えて薬代も払っていました。

それが健康法や自然療法を勉強し実践するようになってから、この過去6年間は病院代はリアルにほぼゼロです。

その分のお金や時間は食事の質を上げたり自分の健康に投資したりとプラスに活用できますし、人生の幸せ度を上げることにもつながります。

当ブログがそのために気づきを与えるきっかけになったり、管理人が自分の体で試してきた内容が少しでも役立てば良いなぁ、と心から思っています。

追記以上

 

 

 

あなたの免疫は強いですか?

 

といきなり聞かれても、

 

「免疫の強さってどうやって分かる(測る)のですか?」

 

という声が返ってきそうですので先に伝えます。

 

 

 

免疫の強さ

 

『病気のかかり辛さ』 ⇒ 常在菌の強さ=ウイルス・細菌への耐性

 

『病気の治りの早さ』 ⇒ 白血球の強さ

 

の2つで測ることができます。

 

 

 

つまり風邪やインフルエンザの流行の時期でも

 

人から移されることのない人

 

多少の風邪や不調なら1日寝てれば治ってしまう人

 

免疫が強いと判断できます。

 

 

 

そして免疫の強さを決定付けるのは腸内細菌です。

 

なぜなら免疫細胞は腸内で生み出されるからです。

 

つまり免疫強化=腸内細菌の強化と言えます。

 

 

 

 

 

腸内細菌の強さを決める要因

それでは腸内細菌はどのように強化したら良いのでしょうか?

 

このことについてお話する前にそもそも腸内細菌の強さはどのように決まるかをお伝えします。

 

 

 

腸内細菌が集まったものを腸内細菌叢(フローラ)と呼びますが、これは指紋のように一人ひとり異なります。

 

腸内細菌の権威の藤田紘一郎医師も

 

「腸内細菌叢(フローラ)生まれた時に決まっておりその構成や特徴が変わることはない」

 

と言っております。

 

 

 

そしてこの腸内細菌叢の強さ

 

1.生まれて来る時に母親の産道に存在する常在菌のシャワーを浴びた量

 

2.母親の母乳を飲んだ期間

 

この2つの要素によってほぼ決定付けられてしまうのです。

 

 

 

「えっ、それじゃ自分ではどうしようもないのでは?」

 

はい、分かります。

 

帝王切開、粉ミルク育ちという免疫ポテンシャル最弱の管理人もそう思いました。

 

そこで、次からは免疫強化について2つの重要なことをお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

免疫を強化する方法

腸の健康を取り戻すことが最優先

 

まず便秘や暴飲暴食、添加物や保存料だらけの腸を汚す食事では免疫力は何をしても上がりません

 

免疫力を強化する前に、本来の免疫力を取り戻す必要があるのです。

 

とりわけ便秘・宿便は大敵です。

 

体の免疫力が腸にこべりついた宿便の毒素を中和するのに使われてしまうからです。

 

 

 

なお、便秘を解消し腸を最短でデトックスする方法についてはこちらの記事をご覧ください。

 

アトピーもニキビも8割の病気は腸内洗浄で治る

 

 

 

 

 

免疫の強化にはプロバイオティクスよりもハーブサプリ

最初に、免疫を強化するには腸内細菌を強化すれば良いと書きました。

 

すると

 

「乳酸菌などのプロバイオティクスを摂取したらいいんじゃないですか?」

 

という意見も出てくると思います。

 

 

 

確かに自分の腸内細菌叢(フローラ)に合ったプロバイオティクスの摂取も腸内細菌に良いでしょう。

 

ただそれでは不十分かもしれません。

 

 

 

「プロバイオティクスは既存の腸内細菌叢のエサとはなりますが、新たに腸内細菌の一員となることはほとんどない」

 

と指摘する医師もいらっしゃいます

 

つまり

 

「プロバイオティクスの摂取は免疫を強化というよりも、腸の健康を取り戻す役割を果たす

 

ぐらいに考えた方が良いと言えます。

 

そのため元の腸内細菌叢が強い方はプロバイオティクスの摂取だけでも良いかもしれませんが、管理人のように元がそんなに強くない場合にはそれだけでは足りないのです。

 

 

 

それでは管理人のように元の腸内細菌が強くない場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

管理人が試し効果を感じたのがハーブサプリです。

 

ハーブには身体に侵入してきたウイルス、バクテリアなどの病原菌を抹殺し、免疫細胞である白血球を活性化させてくれるものがあるのです。

 

そして数多くあるハーブの中でも自然療法士が免疫力を高めることに特に優れていると教えるハーブが3つあります。

 

それをこれからご紹介します。

 

 

 

 

 

免疫を強化するハーブとそのサプリ

 

免疫を強化するハーブサプリ

 

 

 

ハーブ界最強の王者『エキナセア』!管理人のイチオシです!

エキナセア

 

エキナセアはもともとはアメリカのネイティブインディアンが毒蛇に噛まれた時に使っていたハーブです。

 

1800年後半に世に広まって以降、ハーブ界の王者として最強の座を不動のものとしております。

 

奇跡のハーブの名は伊達ではありません。

 

 

 

実際管理人も風邪をひきそうな緊急時にエキナセアを飲み、風邪の発症を何度も防いでおります。

 

 

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

 

免疫アップで風邪もはね返す最強ハーブ「エキナセア」

 

 

 

エキナセアはそういった緊急時はもちろん、普段から摂取することで免疫力を高く維持することができると言います。

 

どんな薬よりもパワフルで副作用もないと自然療法士も太鼓判を押すハーブですが、免疫力アップを目的とする場合、

 

1週間飲んで1週間休む

 

などオンとオフの期間を設定するようにしてください。

 

なぜならどんなに強力で効果があるハーブでも使い続ければ、人間の体には必ず慣れの問題が発生し、効果が弱まっていってしまうからです。

 

 

 

なお、管理人お勧めのエキナセアハーブサプリはこちらです。

 

エキナセアチンキ剤

 

 

iHerbなら60ml(約45回分)2,393円です。

 

 

詳細確認購入はこちら

 

 

※iHerbのアカウント登録の仕方についてはこちらをご覧ください。

iHerb登録の仕方(海外サプリならここがベスト!)

 

 

 

 

 

ブラジルアマゾンが生んだナチュラルな抗生物質『パウダルコ』

パウダルコ

 

パウダルコはブラジルのアマゾンに生える木で、ハーブはその樹皮の内側を削ってつくります。

 

バクテリア、ウイルスを抹殺するナチュラルな抗生物質で、血液をキレイにしてくれると言います。

 

関節炎など身体に痛みがある時に飲むのも効果的と言われています。

 

 

 

さらに自然療法の世界では以下の症状に効くとされています。

 

貧血、喘息、水虫、膀胱炎、前立腺炎、各種感染症、

関節炎、リウマチ、動脈硬化、気管支炎、カンジダ、大腸炎、

アレルギー、しっしん、乾癬、皮膚病、イボ、むくみ、傷、

胃炎、胃潰瘍、静脈瘤、淋病、ホジキンリンパ腫、糖尿病、

肝臓病、白血病、全身性エリトマトーデス、多発性硬化症、

骨髄炎、パーキンソン病、エイズ、毒蛇の毒…etc

 

もう多過ぎて書ききれないぐらいです。

 

 

 

パウダルコは免疫を高め身体を癒してくれるハーブで副作用もないと言われています。

 

実際、管理人自身ネガティブな副作用は感じませんでした。

 

 

 

なお、管理人お勧めのパウダルコハーブサプリはこちらです。

 

パウダルコハーブ

 

「原液を1~2滴水虫に垂らすと効果覿面!」

 

と2人の方が絶賛レビューしてますので、水虫の方は試してみる価値あるかもです。

 

 

 

iHerbなら60ml(約37回分)1,027円です。

 

 

詳細確認購入はこちら

 

 

※iHerbのアカウント登録の仕方についてはこちらをご覧ください。

iHerb登録の仕方(海外サプリならここがベスト!)

 

 

 

 

 

性欲増進のおまけ付き『スマ』

スマ

 

スマはアマゾン原住民の間で300年以上使われてきたと言われるハーブです。

 

1975年以降ブラジルで研究され世に広まりました。

 

風邪やインフルエンザの予防だけでなく、ガン、糖尿病、通風、傷の治癒促進にも効くと言われています。

 

 

 

またブラジル版の朝鮮人参とも言われ、慢性疲労を癒し身体が元気になるだけでなく、アチラの方も元気になると評判のハーブです。

 

海外ですと性欲増進のために摂取している方もたくさんいるようです。

 

 

 

管理人が試したスマハーブサプリはこちらです。

 

スマサプリ

 

iHerbなら30ml(約15回分)1,047円です。

 

 

詳細確認購入はこちら

 

 

※iHerbのアカウント登録の仕方についてはこちらをご覧ください。

iHerb登録の仕方(海外サプリならここがベスト!)

 

 

 

なおこれは管理が粉末サプリもチンキ剤も試した上での感想ですが、スマは何となく身体が楽になる感じはしました。

 

しかし、性欲増進の効果は正直レビューで言われているほどハッキリとは感じられませんでした。(^^;)

 

性欲増進効果については相性問題があると思います。

 

 

 

もし性欲アップにご興味のある方は以下の記事もご覧ください。

 

【天然の精力剤】1杯280円の自作ジュースで性欲ムラムラ精力ドバドバ!美容健康にも良い♪

 

「部屋に置くだけで10代の頃に感じていたあの熱い性欲を取り戻せる!」と自然療法士が秘密にしていたある植物を公開します!

 

男性ホルモン増やし方!自然療法士が秘密にしていた4つのハーブで性欲アップ、SEXの快感アップ♪

 

 

 

さて、今回免疫力アップをテーマに、自然療法士直伝のハーブ3つをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

 

免疫力を高める食べ物やサプリは他にもありますので、今後また記事にアップしていきます。

 

なお、今回ご紹介した3つのハーブサプリのうちどれから試そうと迷われたのなら、管理人はエキナセアをお勧めします。

 

 

 

管理人自身、今回ご紹介したエキナセアハーブのチンキ剤を常備し、

 

トレーニングのしすぎやオーバーワークで体力が落ちている時

 

身体に違和感を感じた時、

 

人ごみや風邪の人と一緒にいた時、

 

に摂取するようにしております。

 

 

 

おかげさまでインフルエンザに移ることなく、風邪も発症前に治っております。

 

皆様の免疫が強くなり病気とは無縁の健康体を手に入れられることを心より願っております。

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

精力溢れるモテる最強の男になるための健康法。
薄毛、ED、メタボ、アレルギー、肩こり、腰痛、
うつ、男性更年期障害でもう悩まない。
病院、薬に頼らない症状別対策と改善法公開。

Copyright © モテる男の最強健康ブログ All Rights Reserved.