モテる男の最強健康ブログ

完全無欠コーヒー試した効果 シリコンバレー最強の食事 | 精力溢れるモテる最強の男になるための健康法。薄毛、ED、メタボ、アレルギー、肩こり、腰痛、うつ、男性更年期障害でもう悩まない。病院、薬に頼らない症状別対策と改善法公開。


テーマ:完全無欠コーヒー

完全無欠(ブレットプルーフ)コーヒーって実際どうなの?(完全無欠コーヒー効果)

※2020年1月追記

この記事を書いた時以降一度も完全無欠コーヒーは飲んでいませんが、記事内の何か所かに追記、編集をしています。

本記事を初めての方はもちろん、一度読んだことのある方も新たな情報を得られると思いますので、是非読んでみてくださいね。(追記以上)

 

 

 

「空腹感を感じずダイエットに効果有り」 

 

と言われている最近話題の完全無欠コーヒーをご存知ですか?

 

 

 

完全無欠コーヒーは2015年9月に発売されAmazonベストセラー1位になった

 

 

 

『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』 

 

 

シリコンバレー式自分を変える最強の食事

 

 
 

の中で紹介され日本でも一気に広まりました。

 

 

 

この本の著者であり完全無欠コーヒーの提唱者であるデイヴ・アスプリー氏は、アメリカのシリコンバレーに住むIT系の億万長者で、3000万円をかけて自らの体を実験台に、あらゆるダイエット、健康法を試した結果をこの本にまとめています。

 

著者は食べ物のカビ毒や反栄養素という脳や人体のパフォーマンスを落とす要因に着目しており、「脳が明晰に働くかどうか」という観点を取り入れているのが特徴です。

 

また、グルテンフリー、乳製品フリーの『完全無欠レシピ』もいくつか記載されています。

 

 

 

余談ですが、完全無欠コーヒーは、もとの英語では『Bullet proof coffee(ブレットプルーフコーヒー)』と言い、直訳すると『防弾コーヒー』です。

 

ただ、これだと分かりづらいため、翻訳者は、“Bullet proof”を全て“完全無欠”と意訳しています。

 

 

 

さて、この完全無欠コーヒーが何かと言いますと、一言で言えば、バターコーヒーです。

 

そして、著者のデイブ氏が提唱する2週間の完全無欠ダイエットを実践した場合、毎朝の朝食はこのバターコーヒー1杯になります。

 

 

 

完全無欠コーヒーの全体効果

それでは、その完全無欠なバターコーヒーを朝飲むことによる効果は何でしょうか?

 

著者デイブ氏はその著書の中で、完全無欠コーヒーを飲むことで

 

「5~6時間食欲がオフになる」

 

と言っています。

 

 

 

また断続的ファスティングの実践と併用することにより、

 

「減量効果、筋肉増強効果が増し、空腹も疲れも感じなくなる」

 

という効果も伝えています。

 

 

 

補足説明ですが、断続的ファスティングとは、1日の食事を6~8時間以内に全て摂り、残りの16時間を断食するダイエット法のことです。

 

アメリカでは『8時間ダイエットとも言われ、一時期人気のあったダイエット法です。

 

 

 

 

 

完全無欠コーヒーのそれぞれの原材料が持つ効果

完全無欠コーヒーの詳しいレシピは次の章で書きますが、ここでは完全無欠コーヒーの効果を各原材料から見ていくことにします。

 

 

 

完全無欠コーヒーの原材料はコーヒーの他には

グラスフェッドの無塩バター

MCTオイル(ココナッツから抽出した中鎖脂肪酸オイル)

です。

 

 

 

著者デイブ氏が本の中で伝えている、原材料が持つ効果を以下に書きます。

 

 

コーヒー

● コーヒーに含まれるカフェインが脳内の炎症を防ぐことにより、認知機能低下を防ぎ、アルツハイマー病の発症リスクを低下させる。

 

● カフェインは健康な人のインスリン感受性を高める。

 

● コーヒーに含有されるカーウェオールとカフェストールという油脂は強力な抗炎症性物資で、酸化ストレスとDNAのダメージを防ぐ。

 

● コーヒーに含まれるポリフェノールは、痩せ型の腸内細菌のエサとなり、痩せ型の腸内細菌が増えると食べても太らず痩せやすい体質になる。

 

 

 

グラスフェッドバター

●  グラスフェッドバターやMCTオイルが溶けるとミセルという状態に分解され、脂肪をエネルギーに変換するようになる。

 そのため、脂肪をエネルギー源とする体の働きを助ける。

 

●  バターに含まれる酪酸塩が腸を清められ、脳の炎症がただちに低減される。

 

 

 

MCTオイル

●  MCTオイルがケトーシス(体が糖の代わりに脂肪を燃やしてエネルギーにする状態)に導き、余分な脂肪を燃やし減量に役立つ。

 

●  MCTオイルは脳の燃料となるケトン体にただちに転換されるうえ、睡眠中に体脂肪の燃焼も助けてくれる。

 

●  ファスティング(断食)中にMCTオイルを摂取すれば、脂肪を貯蔵しようとする腸内細菌を妨げることができる。

    また、腸内細菌はでんぷんや糖質がないと飢餓状態になり、FIAF(絶食誘導脂肪因子)を生成し、体脂肪を燃やす。

 

 

 

以上のことから、非常にざっくりまとめますと、著者が唱える完全無欠コーヒーのみを朝食とすることで得られるとする効果は以下の2つです。

 

1.何も食べなくても空腹感を感じることがない

 

2.脂肪が勝手に燃焼してくれてダイエット効果がある

 

 

 

 

果てして完全無欠コーヒーを飲むことで、そのような効果が得られるのでしょうか。

 

検証してみるため、管理人も実際に作って飲んでみることにしました。

 

ということで、次は完全無欠コーヒーの作り方について書きます。

 

 

 

 

 

完全無欠(ブレットプルーフ)コーヒー作ってみました。(完全無欠コーヒーレシピ)

完全無欠コーヒー公式レシピ

アップグレードコーヒー豆でいれた熱々のコーヒー・・・・・2杯

 

グラスフェッドの無塩バターまたはギー・・・・・大さじ2まで(空腹感により調整)

 

ブレイン・オクタン・オイル(C8・MCTオイル)・・・・・大さじ2まで(空腹感により調整)

 

 

 

補足、注意点

※アップグレードコーヒー豆についてですが、日本にはスペシャルティーコーヒーの基準があります。

 

※グラスフェッドバターが入手困難な場合、ココナッツミルク大さじ4で代用可能。

 

※MCTオイルがない場合はココナッツオイルで代用できますが、効果はMCTオイルの15%ほどしかない。

 

 

 

完全無欠コーヒー作り方ポイント

●  コーヒーをいれる時には、フレンチプレスなど、なるべく金属メッシュのフィルターを使う。

 

●  ミキサーにお湯を入れ温めておき、その湯を捨てた後、上記の材料を入れてたっぷりの泡が出るまで混ぜる。

 

 

 

 

 

完全無欠コーヒー原材料は全てAmazonで手に入ります

ということで以下の写真が実際の原材料です。

(ココナッツオイルはMCTオイルがない場合の代用品です。)

 

完全無欠コーヒー(ブレットプルーフコーヒー)材料

 

 

そのそれぞれについて補足説明していきます。

 

なお、以下のそれぞれの写真をクリックしていただくとAmazonの販売ページが別窓で開きます。

 

 

オーガニックインスタントコーヒー

むそう オーガニックインスタント珈琲 100g 1,296円

 

オーガニックコーヒー

 

 

本当はカビ毒のない良質な豆を焙煎したものを信用のおけるお店で購入するのが良いのです。

 

今回はオーガニックや自然食品の取扱い会社として有名なムソーさんのオーガニックインスタントコーヒーを選択しました。

 

デイブ氏はカビ毒の有害性について著書の中で説明していますが、コーヒーがカビ毒に犯されているかどうかは素人には分かりません。

 

 

 

本の中では、

 

「ブラジル産の加工前コーヒーの90%、レギュラーコーヒーの50%からカビ毒が検出された」

 

と書かれており、

 

「中南米産の単一豆が比較的安心」

 

だとも書かれています。

 

そして、安心なコーヒーを取り扱うアメリカの自社サイトをさりげなく宣伝しています。

 

 

 

これは管理人の独自の見解ですが、自分で調べて自衛するのが難しい事柄に必要以上に神経質になるとストレスになりますし、健康にもマイナスです。

 

そのためコーヒーも添加物や香料のないオーガニックの物を選ぶというのは最低限必要ですが、それ以上は、飲んだ時の味、飲み終わった後の体の感覚などで選べば良いと思います。

 

 

 

 

 

グラスフェッドの無塩バター

バイオ・グラスフェッドバター(無塩)250g 2,700円プラス関東への配送料950円

 

グラスフフェッドバター

 

グラスフフェッドバター中身

 

このグラスフェッドというのは、牧草だけを食べて育った牛のことです。

 

参考ですが、日本の牛は9割以上が穀物飼料で育てられています。

 

また、アメリカ牛は狂牛病の原因とも言われている、あの悪名高き肉骨粉(死んだあらゆる動物をレンダリングプラントで粉々にしたもの)が与えられていたり、遺伝子組み換えのトウモロコシなどで育てられいます。

 

 

 

人間同様、牛の体も食べた物でできあがりますので、牧草飼料、穀物飼料、肉骨粉では牛の栄養評価は天と地ほどの違いが生まれます。

 

それに、本来草食動物の牛に共食いをさせるような育て方が良いとは思えません。

 

そこまでではないにしろ、日本の穀物飼料も自然とは言えません。

 

そしてその穀物が遺伝子組み換えであれば健康リスクも高まります。

 

 

 

ただ、実際に、自然放牧の牧草のみを食べて育ったグラスフェッドのバターというのは、日本のスーパーではまずお目にかかれません。

 

管理人もAmazonや楽天で調べましたが、グラスフェッドの無塩バターとして見つかったのは上記の物だけでした。

 

こちらはフランス産で250gで2700円プラス配送料950円かかります。

 

 

 

しかも、完全無欠コーヒーが話題になっているせいか、2016年2月現在「3~5週間以内の発送」というぐらい品薄で、ベストセラー1位の人気商品になっています。

 

 

 

 

 

MCTオイル

仙台勝山館 MCTオイル 360g 2,160円

 

MCTオイル

 

 

MCTオイルは、

『アルツハイマー病が劇的に改善した!』

 

 

アルツハイマー病が劇的に改善した

 

 

の本の中で、

 

「ココナッツオイルとMCTオイルがアルツハイマーの症状を改善するのに効果的である」

 

と著者のアメリカ人女医も書いています。

 

 

 

そのため、管理人も若年性アルツハイマーの母親に毎日摂取してもらっています。

 

 

※2020年1月追記

今現在はココナッツオイルもMCTオイルも摂取させていません。

アルツハイマー型認知症の原因は諸説ありますが、「アルツハイマーは脳の糖尿病」、つまり慢性的な炎症で糖のエネルギーを摂取できないことが原因という説があります。

実際、ケトン体質にして脂肪をエネルギー源とすることで一時的な効果を得られている方もいらっしゃるとは思います。

しかし、これは5年経過する頃には、高脂肪食が原因の慢性炎症、エネルギー変換効率の高い糖ではなく脂肪をエネルギーとすることでの体への負担、など負の要因が重なって別の病気を発症するリスクが高くなると管理人は考えています。

また現実問題として、デイサービス利用者や老人ホーム利用者は、ケトン体質を維持する食事メニューを続けることはできないと思いますので、自宅介護が前提になってしまいます。

 

 

 

 

MCTオイルは日清も製造していますが、原料ココナッツ由来100%をうたっていたのが写真にある仙台勝山館のものです。

 

管理人はどちらも試しましたが正直そこまでの違いは分かりませんでした。

 

ただ、サイトを見比べると、仙台勝山館さんの方が無化調・無添加など食にこだわっている印象を受けました。

 

 

 

もし、原料や製造にこだわる方は、まずは、仙台勝山館さんから試されると良いかもしれません。

 

 

 

 

 

1分でできる簡単な完全無欠コーヒーの作り方

浄水器の水またはミネラルウォーターをポットに入れ沸かしておきます。

 

オーガニックのインスタントコーヒーを入れたカップにお湯を注ぎます。

 

そして、そこに大さじ1杯分のグラスフェッドの無塩バターを入れます。

 

完全無欠コーヒー バター

 

 

次に大さじ2杯分のMCTオイルを入れます。

 

デイブ氏も著書で警告してますが、MCTオイルは、慣れない内は、お腹がゆるくなる可能性があります。

 

最初は小さじ1杯分くらいから様子を見て、少しづつ増やすことをお勧めします。

 

完全無欠コーヒー MCTオイル

 

 

 

最後に、フォークを使ってよく混ぜ合わせたできた完全無欠コーヒーがこちらです。

 

完全無欠コーヒー 完成

 

 

補足注意点

ミキサーにお湯を入れて温めておき、そこに上記のグラスフェッドの無塩バターとMCTオイルを混ぜたコーヒーを入れて混ぜるのがベストな作り方です。

 

著者デイブ氏は

 

「バターをかじりながらコーヒーを飲んだが、同じ効果を得られなかった」

 

と本の中で書いています。

 

 

 

しかし、コーヒーには乳化させるための界面活性の成分が含まれてません。

 

そのためいくらミキサーを使おうがコーヒーの水分とバターやMCTオイルの油分が混じることはありません。

 

このことから、グラスフェッドの無塩バターを完全に溶かし、よくかき混ぜればOKなのではないか、と管理人は判断しました。

 

 

 

 

 

完全無欠(ブレットプルーフ)コーヒーを試した感想。(完全無欠コーヒー結果)

完全無欠コーヒーの味

まず気になるそのお味ですが、管理人は一口口に含んだ瞬間、

 

甘くないチェルシーのバタースカッチ

 

を想像してしまいました。

 

チェルシー バタースカッチ

もちろん、バターの味に加え、ココナッツの風味もします。

 

このココナッツテイストも好き嫌いが分かれると思います。

 

 

 

余談ですが、管理人は昔カナダに住んでいた頃、カフェラテに

ココナッツのフレーバーシロップ

 

Da Vinci フレーバーシロップ クラッシック ココナッツ

 

を入れて飲むのが好きでした。

 

そのため、このココナッツテイストも苦になりませんでした。

 

 

 

2020年1月追記

※上記画像のココナッツシロップはカナダやアメリカのコーヒーショップで使用されているブランドですが、香料が添加されています。

現在管理人は缶コーヒーに含まれる香料すら苦手で避けていますので、このシロップも使うことなく、管理人の中では思い出の味の嗜好品という位置づけです。^^;

 

 

 

ただ、完全無欠コーヒーの味自体に関しては、

 

好んで飲みたくなるほど美味しいものではない

 

というのが管理人の率直な感想です。

 

 

 

 

 

完全無欠コーヒーを1週間続けて感じたこと

空腹感を感じない

まず、飲んでから5時間ぐらいは空腹感を感じませんでした。

 

無理に食欲を抑えている感じはないですので、1食を抜くのをキツく感じる方には良いと思いました。

 

 

 

完全無欠コーヒー単独でのダイエット効果は不明

1食を抜くことにより、摂取するカロリーや栄養素が今までより下がるため、多少の体重減少効果はあります。

 

しかも、この完全無欠コーヒーを試す方は、同時にグルテン、炭水化物などの単純糖質、乳製品などの摂取を控えていると思いますので、体重は落ちていくと思います。

 

 

 

ただ、本の帯に書かれているように

 

「朝食を完全無欠コーヒーに置き換えるだけで、毎日0.5キロ痩せられるのか?」

 

と言えば、そこまでの効果は望めないと管理人は思います。

 

 

 

仮に痩せたとしても最初1~2キロぐらい痩せた後、すぐに停滞するのではないかと思います。

 

そのため、ダイエット目的であれば、著者が書いているように、断続的ファステイングと併用し、相乗効果を望むのが良いのではないかと思います。

 

 

 

日本人の体質に合っているかは疑問

この本は、デイブ氏が自らの体を使って検証した情報であることがウリですが、この著者自身かなり癖のある例外的とも言える体質です。

 

例えば、刺身の醤油をちょっとかけすぎただけで体が不調になるような体質です。

 

「日本人で醤油を普通に摂取して体調不良になる人はどれぐらいいるのでしょうか?」

 

「果たしてそんな著者の特異な体質と私達日本人の体質が同じであるか?」

 

と言われれば違うと思います。

 

 

 

2020年1月追記

※現在日本には、コンビニ弁当に無料でついてくる小さなビニール袋に入っているような偽物醤油など、添加物まみれの化学製品が溢れています。

「健康的な食事はまずは調味料を本物に変えるところから」

とフェイスブックで有名な内海聡医師やダイエットで有名な日比野佐和子女医も説いています。

デイブ氏が摂取した醤油がどんな醤油だったのかは分かりませんが、醤油は大豆、小麦、食塩のみを原料とした本醸造のものを探して購入すると良いです。

 

あとこれはマニアックな話ですが、内海聡医師はココナッツオイルの良さをある程度認めながらも

「ココナッツオイルには性阻害ホルモン(潜在的な発がん要因)が含まれている」

「日本人の体質には合いにくい」

と教えており、ココナッツオイル自体積極的には勧めていません。

 

 

 

 

 

また、効果があるというレビューを見ることにより、プラシーボ効果も働きます。

 

そのため、自分自身の体で試した後、

 

「本当に自分の体に合うのか?」

 

「さらに合う良いものはないのか?」

 

と考えていただくことをお勧めします。

 

 

 

日本の風土に合っているかも疑問

完全無欠コーヒーのレシピは、デイブ氏が

 

「チベットを旅行している時に飲んだバター茶で体力を大きく回復し感動したこと」

 

がきっかけとなり生まれました。

 

 

 

もともとバターなどの動物性脂肪や乳製品は、空気が乾燥し、寒いヨーロッパ地方やヒマラヤ山脈周辺国では適していると思います。

 

人間の体はその土地の環境に適合します。

 

これは、腸内細菌の権威藤田紘一郎医師が体験し本に書いている話ですが、

 

「(藤田医師は)日本ではバターを食べず、食べても合わないと感じるが、ヨーロッパ出張中は体がバターを求め、食べても問題がない」

 

そうです。

 

 

 

また、管理人も以前カナダに住んでいた時には、もともと分解吸収が得意ではないバターや乳製品の摂取許容量がかなり増えました。

 

 

 

以上のことから、日本の中でも、極端な話をすれば、

 

「沖縄在住の人よりも北海道在住の人の方が、完全無欠コーヒーが体に合う」

 

ということが起こりうると思います。

 

 

 

 

管理人が完全無欠コーヒーを続けなかった理由

一番大きな理由は完全無欠コーヒーによって得られるリターンが少ないことです。

 

完全無欠コーヒーを飲み続けたからといって、健康が増進されるわけでもなく、デトックスにつながるわけでもなく、特定機能が強化されるわけではありません。

 

 

 

完全無欠コーヒーを飲み続けることで得られる最大のリターンは、

空腹を感じず朝食を抜くことができ

ほんの少し脂肪燃焼につながり

ダイエット効果があるかもしれない

ことです。

 

 

 

また、これは管理人の感覚ですが、いくらグラスフェッドで良質といえども、日本の土壌に住んでいる限り、体がバターをそこまで求めていないと感じました。

 

実際、管理人は、完全無欠コーヒーを飲むと、顔の皮脂がいつも以上に分泌されました。

 

 

 

以上のことから管理人は完全無欠コーヒーを飲むのは1週間でやめました。

 

その代わり、現在、朝は健康を増進し、男性機能を著しく強化する効果のある特製ジュースを飲んでいます。

 

この特製ジュースのレシピは、インターネット上にも、普通の本にも載っていません。

 

 

2020年1月追記

※この時飲んでいた特製ジュースのレシピがこちらです。

 

⇒『【天然の精力剤】1杯280円の自作ジュースで性欲ムラムラ精力ドバドバ!

 

あとは、先日紹介した「ハチミツのみ」や「リンゴ、バナナ、チーズの組み合わせ」、「味噌オートミール」などを朝食メニューにすることが多いです。

 

⇒『【健康食材】健康肉体進化マニアの管理人が現在最も注目しているロシア産ハチミツの紹介(b゚v`*)

 

『筋肉バルクアップ食事メニュー 3つの食べ物ABCで筋肉が増える!!

 

⇒『オートミール絶倫レシピ 精力・性欲減退に効く食材

 

 

 

さて、ここまで読んでいただきましたが、もしかしたら、あなた自身はダイエットに興味がないかもしれません。

 

ただ、世の中、

ダイエットに興味のない女性はいない

というぐらい女性はダイエットに関心を持っています。

 

ダイエット関連の情報や体験談を持っていると女性の気をひくことができますし、話題に困ることもなくなると思います。

 

正しく効果のあるダイエット法をアドバイスできたら、女性のあなたを見る目線が変わるかも?!(笑)

 

 

 

このモテる男の最強健康ブログでもダイエット関連の話題は引き続き記事にしていきます。

 

是非正しいダイエット法や健康法の知識を身につけ一緒にモテる男を目指していきましょう。

 

最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

 

 

精力溢れるモテる最強の男になるための健康法。
薄毛、ED、メタボ、アレルギー、肩こり、腰痛、
うつ、男性更年期障害でもう悩まない。
病院、薬に頼らない症状別対策と改善法公開。

Copyright © モテる男の最強健康ブログ All Rights Reserved.